バレンシアから

以下のタイトルと共にメールが届いた。
「対レバンテ戦のユニフォームと、対セビージャ戦の日本語背番号ユニフォームを入札してください!」

”日本とロルカ市への思いを込めた製品を手に入れるためにここをクリックして、オークションに参加してください!



全世界のバレンシアのファンよ、6月15日(水)から対セビージャ戦の日本語背番号ユニフォームと対レバンテ戦の先発選手が使用したユニフォームのオークションに参加して、日本とスペインのロルカ市の地震の犠牲者を応援してください。 www.eBay.esで、このバレンシアCFとスペイン赤十字社共催キャンペーンに登録して、入札で犠牲者を応援するため、更に貴重なユニフォームを入手してください!以下で、製品のリンクを紹介しますので、ご協力をお願い致します!

インターネットオークションは6月24日(金)まで行われる予定
6月15日、バレンシアCFとスペイン赤十字社は日本とスペインのロルカ市の地震の犠牲者のために募金するためのチームユニフォームのオークションを開くことになった。

10日間行われる、3月と5月の日本とスペインのロルカ市の地震の犠牲者のために募金するためのチームユニフォームのオークションが来週水曜日の6月15日夜12時から開かれることになった。 www.ebay.es で行われる予定で、競売されるユニフォームの32着の中に、21着が今年のリーガの最後の対セビーリャ戦の時にバレンシアの選手が実際に身につけたものである。そのユニフォームの背番号は日本語で書かれていて、東北地方太平洋沖地震の犠牲者の助けとなるために、その21着の競売で集まる金額が日本赤十字社に寄付される予定である。その他に対レバンテ戦で実際に使用されたユニフォーム(背番号が普段のローマ字で書かれている)で、募金される金額がロルカ市の地震の犠牲者のためにスペイン赤十字社に寄付される予定である。ユニフォームのスタートプライスが100ユーロで、送料は場所によって決められる予定だが、最高額が90ユーロまでとされている。オークションが6月24日(金)夜12時までに行われる予定だ。 更に、6月15日( 水)にバレンシアのオフィシャルウェブサイトと社会的ネットワークに www.ebay.es のリンクが掲載されることになる。 ”

とのこと。例えばこちらがその中の一品。題名がJapanese Kanji、になっているはご愛嬌ということで。ローマ字のみのこちらの人には、同じ日本語内に3種類(漢字、カタカナ、平仮名)の文字形態があるのは理解しがたいのです。

ebayスペインなので当然全てスペイン語なので、少し敷居が高いかもしれなけど、お好きな方はいかがでしょうか。
[PR]
Commented by 岩元 浩二 at 2011-07-22 14:47 x
川森さ~ん!元気っすか?
最近、写真よく使われてますね。
りょうは今、オーストラリアリーグでがんばっていますよ!
Commented by kwmrm93 at 2011-07-28 11:13
どーも、なんとかやってますよ。岩元は今、どこ?中国?渡邊はドイツでやるかも、という連絡は受けていましたが、ダウンアンダーに行きましたか・・ちょっと遠いなぁ。メールアドレスとか判るなら、非公開コメントにして送って下さいな。

ではでは!
by kwmrm93 | 2011-06-16 20:00 | Diario | Comments(2)

撮影情報)


by kwmrm93
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30