ダノンネーションズカップ撮影(於:Guildford、London)

9月3日~8日、ダノンネーションズカップを撮影。6月にお話を頂き決まったこの大会の取材。前回マドリーでの大会を撮影した時は一メディアとしてだったが、今回は日本代表チーム(横浜FMプライマリー)の公式メディアというかたちで参加する事が出来た。紹介して頂いた森さんに感謝。

9月3日、午後便で到着する選手や他の公式メディアの方々と合流すべくヒースローへ。なんかあって遅れるわけにはいかないので、朝6時45分発の飛行機にしたため、深夜3時に家を出る事になった。郊外バス、市内深夜バス、タクシーと乗り継いでバラハスに到着。ヒースローの到着ロビーに出たのは朝9時半くらいだった。SIMを購入すべく売店に行くと、出発階にボーダフォンショップがあるからそこへ行った方がよい、とのアドバイスを受けて上に上がり、ボーダフォンショップにてSIM購入。SIM(250MB)に1Gbのエクストラをつけて、1ヶ月使えるので約5千円。その後はひたすらベンチで先日までの写真整理に没頭した。

夕方3時過ぎ着だったが、案の定入国審査に時間がかかり、出てきたのは16時半頃。それから予選の行なわれるGuildfordまでメディアのみ(選手は全て別行動)ミニバンで移動した。宿に入り、PCを充電しようとしてPCのコードを忘れた事が発覚。近所にあったTESCOという24時間経営の大型スーパーに行ったが売っておらず。顧客受付で「近くに売っていそうなところは無いか?」とPCワールドというところがある、が行きかたが説明出来ない、と。ありそうなところが判っただけでも有難い。携帯端末のグーグルマップを起動すると、最寄の路線バスで20分。閉店間際に購入する事が出来た。SIMを買うかどうか迷ったが、買っておいて本当によかった。

4日は練習試合(対ブラジル、1-1)を撮影後、ロンドン市内を撮影に行き、午後から開会式。

5日から大会がスタート、日本は2勝1分でグループを首位で突破した。

6日に決勝T1回戦、準々決勝と勝ち上がり、準決勝の相手はフランス。勝てば決勝でブラジルとの再戦だったが、残念ながら惜敗し3、4位決定戦に回る事になった。

7日、舞台をウェンブリーに移し各順位決定戦が行なわれ、アイルランドを2-0で下した日本は3位となった。加えてフェアプレー賞、選手個人もMVPを獲得。フェアプレー賞はファウル数の数だけでなく、大会通じてのチームの態度、行動も含まれているため、日本の素養の高さを示したものだった。

それは表彰式終了後のキッズパーティーでも改めて目の当たりにした。供されるポップコーンを床に撒き散らし(最後は床一面が降り積もった雪のようになっていた・・・)、チームメートに投げつけ、人にぶつかる危険も顧みずに全力で走り回る他国の子供(各国のコーチらもいるが、注意はしない)。場に流されてもおかしくないところだったが、日本の子供らはそんな事は一切しなかった。

8日、彼らが東京に戻る2時間ほど後の便でマドリーに戻る為、空港でお見送りとなった。写真の評判もよかったようだ。じき、ダノンネーションズカップ(日本)のオフィシャルHPでもフォトギャラリーとして掲載頂けるようなので、時間があったら見て下さい。(こちらのブログには掲載することが出来ないので)

来年の3月頃に各地域の予選大会、決勝大会があるそうなので、時間のある方はぜひ会場に足を運んでください。
[PR]
by kwmrm93 | 2013-09-03 03:30 | Futbol | Comments(0)

撮影情報)


by kwmrm93
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30