Rマドリー対Aビルバオ撮影(於:Madrid)

12日、国王杯Rマドリー対Aビルバオを撮影。試合前、点検に出していたマークⅡを受取に行ったのだが、18:00閉店の30秒後に到着、既にシャッターは半分閉まっていたのだが、中に人はいる・・・受け取れなかった。確かに遅れたのは自分が悪い。しかし30秒前から見えていたそこは、シャッターを閉める人など出てきていなかった。つまり18:00前に閉店準備を始めた事になる。試合がある事を話したものの、それでも駄目だと。何がプロサービスや、糞ったれ(怒)

で、受け取る事を想定していた為、1Dを1台しか持って行っていなかった。取りに帰るには時間が足りず、やむなく1台で臨んだこの試合。こんな時に限っておいしいシーン満載の試合になってしまった。最初のロビーニョの得点、300mmにテレコンをつけていたので近すぎ、最後のロビーニョの4点目、目の前でガッツポーズするロビーニョ、そのまま看板まで歩み寄ってサポーターに雄叫びをあげ・・・るシーンは4本フル充電で持っていったものの、寒さで持ちが悪くなったバッテリーが全て切れてしまい撮影出来なかった。その10秒前まではバッテリーがあったのだが・・・。両方とも70-200mmをつけていれば問題なく撮影出来たはずなのに。

ま、全部自分が悪いんです。危機管理意識が欠けていました。最悪の場合を想定しないといけなかったのに・・・。久しぶりに自分の甘さを痛感した。と、同時にマークⅡの購入を真剣に考えなければいかんと思った。1Dの画素数では、マークⅡに比べてピンがいいとはいえ、やはりきつい。しかしここでン十万の出費はかなり痛い。どちらを取るべきか・・・。400mmも欲しいしなぁ・・・。マークⅡの後継機種が出るそうなので、それが出てから考えようと思う。
a0021939_9595174.jpg

[PR]
by kwmrm93 | 2006-01-14 10:00 | Futbol | Comments(0)

撮影情報)


by kwmrm93
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31